アーカイブ

22期の活動

歩行者空間デザインの可能性を探る ―旭川市買物公園を中心に

平成24年に40周年を迎えた、全国初の恒久的な歩行者専用道路である旭川買物公園を対象に、都市環境デザインや歩行者空間の質といった観点から再評価し、歩行者専用道のこれからを展望することを目的として、フィールドワークやセミナーを行いました。また、最終的な成果物としてJUDIメンバーによる提言集を作成しました。

———–概要———–

日時:2012.11.3 13:00~18:00/ 2012.11.4 10:00~16:00

場所:旭川市 買物公園ほか

参加者:約30名(JUDI北海道4名、JUDI関西7名、本部3名、大矢二郎(東海大学名誉教授)、東海大学旭川校・旭川大学・北海学園大学の学生、その他協力者10名程度)

内容:旭川買物公園の歴史を学ぶ講義、フィールド調査による現状把握、将来を展望するワークショップ、これらを総括するセミナーを開催

———–1日目———–

セミナー1 「買物公園の成り立ちと40年を学ぶ」

場所:まちなか交流館会議スペース「HIROBA」

1.「買物公園誕生」上映
2.買物公園整備に関するレクチャー
・建設当時の計画に関して/ 鳴海 邦碩(JUDI関西)
・改修計画に関して/大矢 二郎(東海大学名誉教授)

asahikawa1 asahikawa2

フィールド調査

・学生は2グループ(空間検討、賑わい検討)を編成し、グループで買い物公園を調査
・JUDI会員を中心とした社会人はそれぞれ買い物公園を調査

asahikawa3 asahikawa4

・フィールド調査まとめ(買物公園のこれからを考えるワークショップ)

asahikawa5 asahikawa5-1

———–2日目———–

(午前中は学生、JUDI会員それぞれ発表資料の作成)

セミナー2 「歩行者空間デザインの可能性を探る ―旭川市買物公園を中心に」

・開会の挨拶

・基調講演「街は生きている-旭川平和通買物公園の<昨日・今日・明日>」/ 大矢 二郎(東海大学名誉教授)

asahikawa6

・ ワークショップの成果発表

asahikawa8asahikawa9

・フィールド調査を通じた買物公園の都市環境デザイン的視点からの評価(JUDI会員全員による発表)

・討論とまとめ/コーディネーター:鳴海邦碩(JUDI関西)

asahikawa7 asahikawa10

———–成果———–

この2日間の成果として、JUDIメンバーによる買物公園をはじめとする歩行者空間についての提言集を作成しました。

以下よりご覧いただけます。

「明日の買物公園 -40周年を記念して-」/都市環境デザイン会議

広告