アーカイブ

20期の活動

地域のにぎわいをテーマとして、第3回JUDIサロンを2011年5月31日にかでる2.7にて行いました。

「風景をつくるチカラ―賑わいの風景づくり、その仕掛け―」

JUDIサロンシリーズ「北海道の幸せな風景」も第3回目となり、今回が最終回です。今回は、札幌市都市景観賞を受賞した「ていね夏あかり」の仕掛け人である藤女子大学教授の大垣直明さんと、最近話題の「駅前通り地下歩行空間」の活用に携わる、札幌駅前通まちづくり株式会社の越山元さん・白鳥健志さんをお迎えします。
まちの風景にかかせない人の存在。人の流れやたまりを生み出す装置としての公共空間。賑わいをどのように仕掛けるのか。また、どのように未来に繋げていくのか。このような話題について、取り組みをご紹介いただくとともに、参加される皆様とともに、幅広い意見交換を行っていきたいと思います。

第3回JUDIサロン

日時:2011.05.31 18:30~21:00

場所:かでる2.7(中央区北2西7)

話題提供:大垣直明/藤女子大学教授、越山元、白鳥健志/札幌駅前通まちづくり株式会社

コーディネーター:高森篤志/株式会社ソフトスケープ(JUDI北海道幹事)、岡本浩一/北海学園大学准教授(JUDI北海道)

参加者:43名

3

広告

土木における課題と景観研究をテーマとして、第2回JUDIサロンを2010年12月7日にかでる2.7にて行いました。

「風景づくりの現在(いま)―土木における課題と景観研究、そしてデザインの現場―」

第2回目となるJUDIサロンは、寒地土木研究所で主に土木分野の景観研究に携わられている松田さんと福島さんをお迎えします。道路や河川など、都市や地域の骨格を形づくる土木分野の課題とそれらに関連する景観研究について紹介いただきます。また、よりよい風景づくりを目指す土木デザインの現場の今について、設計事例と併せてお話しを伺います。
コメンテーターの橋場さん(株式会社KITABA)から、都市・建築の専門家としての視点でのコメントをいただきながら、参加される皆様とともに、北海道の風景づくりについて幅広い意見交換を行って行きたいと思います。

第2回JUDIサロン
日時:2010.12.07 18:30~21:00

場所:かでる2.7(中央区北2西7)

話題提供:松田泰明、福島秀哉/(独)土木研究所 寒地土木研究所 地域景観ユニット

コメンテーター:橋場光/株式会社KITABA

コーディネーター:高森篤志/株式会社ソフトスケープ(JUDI北海道幹事)

参加者:43名

2-2

2-1

これまでの土木、都市、建築などの取り組みと、これからの北海道の風景をテーマとして、第1回JUDIサロンを2010年10月29日にcafe me,we.にて行いました。

「北海道の風景―これまでと、これから。―」

都市環境デザイン会議(JUDI)は今年20周年を迎えました。JUDI北海道ブロックでは、20周年記念企画として、JUDIサロン「北海道のしあわせな風景」をシリーズ開催いたします。今回はその第1弾、キックオフ企画ということで、JUDI北海道ブロックの前幹事である酒本と辻井がスピーカーを勤めます。土木、都市、建築など様々な分野におけるこれまでの20年を振り返るとともに、これからの北海道の風景づくりについて、会場のみなさんと飲み物を片手にサロン形式で意見交換を行いたいと思います。

日時:2010.10.29 18:30~20:30

場所:cafe me,we.(中央区南1東2)

スピーカー:酒本宏/株式会社KITABA、辻井順/株式会社ホルス

コーディネーター:高森篤志/株式会社ソフトスケープ(JUDI北海道幹事)

参加者:32名

1-2 1-1